ドラマ

世界で話題のドラマ『イカゲーム』の世界観と人気の理由

今回は現在世界の90カ国以上で視聴回数1位を記録し、新たなブームになっているNetflix独占配信ドラマ『イカゲーム(原題:오징어게임オジンオ ゲイム』。

日本でも9月17日に全9話が一挙配信され、瞬く間に話題になりました。変わった名前なのでネットニュースの見出しなどでご覧になった方も多いのではないでしょうか?

名前とは対称的にとても深みがあるこのドラマ、一体どんな内容なのでしょうか?詳しくまとめてみました。

あらすじ

借金まみれで妻と離婚し、母と暮らす自堕落な男、脳腫瘍を患った老人、証券会社に勤めるが横領問題で警察に追われる元エリート、お金のトラブルを抱えた暴力団員、家族の為にお金が必要な脱北者の少女、劣悪な環境で働くパキスタン人出稼ぎ労働者など様々な事情でお金を必要としている人々が、謎のサバイバルゲームに集められ、賞金456億ウォン(日本円で約45億円)を狙いますが、各ゲームに負けた場合に待っているのは死。そして、兄の失踪に疑問を抱いた警察官はゲームの主催者側に潜り込み、団体の正体に迫ります。それぞれの人間ドラマと共謀や裏切り、別れ等を描いた手に汗握るドラマです。

登場人物

借金まみれのダメ男 ソン・ギフン(No.456)

役者:イ・ジョンジェ

事業に失敗して多額の借金を背負い、離婚して娘とも会えなくなり、実母と二人暮らし。娘の誕生日プレゼントを買うようにと実母から渡されたお金もギャンブルに注ぎ込み、一度は大勝ちするもすぐにスられ窮地に立たされてしまった。

警察に追われる元エリート チョ・サンウ(No.218)

役者:パク・ヘス

ギフンの後輩で幼馴染。名門大学卒・証券会社のチーム長としてエリート街道を進んでいたが、会社の金を着服して多額の負債を抱えた為、警察に追われる身に。ゲームが進むにあたって冷徹な面が現れていく。

家族を救いたい脱北者 カン・セビョク(No.067)

役者:チョン・ホヨン

脱北の際に父を亡くし、母も強制送還され、弟と二人で韓国にやって来た。母を救う為に脱北者支援団体に多額の金を要求されゲームに参加。盗みが得意でギフンがギャンブルで得た金をスったのも彼女。

兄を探しゲームに潜入した警察官 ファン・ジュノ

役者:ウィ・ハジュン

失踪した兄イノを探していたが、警察に来たギフンの会話から兄とゲームの関連を疑い、ゲーム会場に潜入。仮面を被り、警備員を装ってゲームの主催者側から兄の消息とゲームの裏側を暴いていく。

ゲームを楽しむ謎の老人 オ・イルナム(No.001)

役者:オ・ヨンス

高齢で脳腫瘍を患っている為、自分の記憶も憶えていないが、最期に楽しみたいという理由からゲームに参加した老人男性。参加者達にゲームで勝ち残るヒントを与える存在になる。

勝つ為に手段を選ばない チャン・ドクス(No.101)

役者:ホ・ソンテ

暴力団に所属していたが、組織の金を紛失し追われる身に。ゲーム中は勿論、休止中にも他の参加者を挑発し、殺害するなど勝利の為に手段を選ばない冷酷な人物。

心優しい人格者 アリ・アブドゥル(No.199)

役者:トリバティ・アヌファム

悪質な労働環境で働いていた妻子持ちのパキスタン人の出稼ぎ労働者。仲間を助け、信頼し、感謝の気持ちを忘れない純粋な心を持っている。

生き残る為に強い者に付く ハン・ミニョ(No.212)

役者:キム・ジュリョン

詐欺の前科を持つ中年女性。生き残る為にドクスと肉体関係を持つが裏切られた事を根に持つ。他にもチーム決めの際には積極的に強そうな参加者にアタックし生き残ろうと奔走する。

フロントマン

正体不明のホストに代わってゲームの進行を取り仕切る人物。黒い仮面を付けている為、正体は終盤まで明かされないが…。

警備員

ゲームの進行や脱落者(死亡者)の処理をする運営サイドの人物で、参加者同様番号が振られている。仮面を外してはいけない、スタッフ同士での会話厳禁などルールがあり、破ると殺害される。一部のスタッフは結託して裏で脱落者の臓器売買をしたりとフロントマンの目を欺き活動している者も。

この他にもイ・ビョンホンやコン・ユなど大物俳優が特別出演していますが、どこで出てくるかは観てからのお楽しみ!

筆者

ゲーム内容

第1ゲーム だるまさんが転んだ

広場の隅に置かれた巨大な少女型のロボットが後ろを向いた時に動いたら即射殺。

第2ゲーム 型抜き

制限時間内に型抜きを成功させないと射殺。失敗して砕いてしまっても射殺。

第3ゲーム 綱引き

負けたチームは高台から落下し死亡する。

第4ゲーム ビー玉遊び

ペアを組み、ビー玉を奪い合い、ビー玉を全て取られた方が射殺される。

第5ゲーム 飛び石ゲーム

強化ガラスと普通のガラスの足場を渡り、普通のガラスを踏んでしまうと落下し死亡。

第6ゲーム イカゲーム

ドラマタイトルにも採用された子供の遊び。イカの形に描かれた陣地を巡って、攻守に分かれ、攻撃はイカの頭のてっぺんに辿り着いたら勝ち、防御はそれを防いで陣地の外に押し出せば勝ち。

人気の理由

人気の理由1 シンプルでスタイリッシュ

このドラマ、人がごっそごそ死んでいくバイオレンスな内容とは対称的にデザインや美術や舞台演出に関しては原色やピンク、黄色などとてもカラフル・ポップでキャッチー。

脱落者が納められる棺も黒のプレゼント箱にピンクのリボン、カラフルなジャングルジムなども登場し、人が次々に死んでいく重いテーマとゲーム(娯楽)との矛盾を視覚的に強調しています。

出演者の衣装も近未来的かつポップにデザインされている為、既に世界中でファンによるイラスト等の二次創作やハロウィンに向けたコスプレ衣装なども登場しています。

今年のハロウィンはピンクの防護服か緑のジャージを見かける事が多くなりそうですね!

筆者

人気の理由2 ビジュアル的没個性の使い方

この作品は「没個性」を絶妙に使っている点も人気の理由だと思います。

参加者は緑のジャージで統一されている為、視聴者の目を顔のみに集中させる事ができ、表情やそのキャラクターのストーリーが際立ちます。

同様の手法が使われているドラマとしては刑務所内での暮らしをコミカルかつシリアスに描いた『刑務所のルールブック』(チョン・ボフン監督作、サンウ役のパク・ヘス主演)が挙げられます。

筆者

また、ゲーム運営側の警備員はピンク色の防護服に階級毎に○△□が描かれた覆面をかぶっている為、視聴者にひとりひとりに対する余計な情報や印象を与える事がありません。

服装や持ち物なども登場人物を認識する上で無意識に目が行ってしまう判断材料を極限まで排除する事で「登場人物が多すぎて見分けがつかない」「この人誰だっけ?」という誰しもが経験した事があるモヤモヤを解消しています。

登場人物のビジュアル的な個性を制限した事が、海外で多く視聴された大きな要因にもなっていると思います。

人気の理由3 韓国の社会問題を風刺

このドラマには韓国の社会の闇がたくさん登場します。借金や臓器売買、暴力団や脱北者、出稼ぎ労働者の労働環境や賃金問題など、やり場のない不条理感を感じる程のダークな背景が視聴後にも余韻を残します。

韓国の貧富の格差をテーマにしたポン・ジュノ監督の『パラサイト』にも通じるものがあり、全て観終えた後もどこかモヤモヤが残るような作品ではありますが、そこを上述の通り、色やデザインを使ってダークになりすぎないように調整したのがファン・ドンヒョク監督ならではのアイディアだと言えるでしょう。

人気の理由4 テンポの良さ

韓国ドラマの多くは平均して16話ぐらいで構成されていますが、『イカゲーム』は全9話しかなく、全エピソードが一斉に配信されました。その中で、登場人物のバックグラウンドが細部まで描かれ、間延びしてしまう無駄な部分が無い点と、最終回まで一気に見やすいという事も人気の大きな要因です。

他のドラマのように舞台が変わったり、恋愛や職場などテーマを広げ過ぎていない事も視聴者が集中できたひとつの要素でしょう。

人気の理由5 際立つ人間ドラマ

視覚的な個性を制限した分、その人がどういうキャラクターなのかを知る為には表情や言動、それぞれのストーリーが重要なカギになります。

『イカゲーム』の本当のテーマは殺し合いよりも登場人物がなぜゲームに参加しなければならなかったのか、ゲームに参加した登場人物がどのように進んで行くのかだと思います。9回という短いシナリオの中で、登場人物がそれぞれどんな社会問題に巻き込まれたのかが十分に描かれ、視聴者の同情心理を誘い、シンプルでカラフルな世界観と対比させる事で、より世界観に没入させている点が大きな理由だと思います。

まとめ

このドラマの特徴として、演出の足し算引き算とギャップの使い方がとても巧妙だと思いました。ドラマの重大要素だったビジュアル的に際立った個性、恋愛や職場などのサイドストーリー、人気歌手が歌う劇中歌など、視聴者の集中力を分散させる要素を引き算していき、全9話に詰め込んだ事でそれぞれの人物のストーリーに奥行きが生まれただけでなく、とてもテンポよく視聴者の集中力を掴む事に成功しています。

また、そのままでは重くなってしまう殺し合いというテーマをカラフルでポップな美術を使って表現する事で、ストーリーの重さや暗さを軽減するだけではなく、人の命が娯楽の材料として軽々しく扱われる事に対するギャップも見事に描きあげています。

ファン・ドンヒョク監督はインタビューの中で歯が6本も抜けたと語るほど撮影は困難だったようで、続編については予定が無いそうですが、作中では死んだと思われていた人物が生きていたり、生死が明らかにされていない場面もあり、続編があってもおかしくないような含みのある最終回だったのでエピソード2が制作されてもおかしくないとは思います。

とにかく今のところ2021年で一番ホットな作品はこの作品で間違いないでしょう。興味がある方は是非ご覧になってみてはいかがでしょうか◎

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植竹 智裕

元・世界新聞ライター。旅人(訪問国はアジアを中心に現在31カ国) 韓国歴は2005年の初海外旅行からスタートし、2012年には釜山からソウルまでママチャリで縦断。 オーストラリアでのワーキングホリデー中、田舎町で日本人ただひとり、韓国人に囲まれて生活したおかげあって2019年に韓国語能力検定5級取得。

-ドラマ
-