【韓国ドラマ名鑑】

ドラマ ドラマ名鑑

【韓国ドラマ名鑑】プライバシー戦争(2020)結末ネタバレあり

基本情報

作品名:プライバシー戦争

原題사생활(サセンファル)
英語タイトルPrivate Lives
視聴者の間で使われる略称
ジャンル犯罪、コメディ
放送時期2020年10月7日〜11月26日
水木21:30〜
放送局JTBC
演出ナム・ゴン
「テバク〜運命の瞬間(とき)〜」「愛の温度」など
脚本ユ・ソンヨル
「ハートレスシティ〜無情都市〜」「リミット」など
最高視聴率2.5%
話数16話
視聴等級15歳以上
公式サイト番組公式サイト
筆者オススメ度★★★☆☆
・やや難解でした、時間を置かずにまとめ見する方がいいかと!
・逆に時間を置いて再度1から見直すと見えてくるものがあるかも。

あらすじ

詐欺を詐欺で騙し合う。守られるべきデータプライバシーなど存在しない世界で欲に目がくらんだ大企業。そして国家をも巻き込んだ個人情報の監視計画。これを暴くのはある陰謀の渦に巻き込まれた詐欺師たちだった。

見どころ

主演には少女時代のソヒョン。花嫁やキャビン・アテンダント、婦人警官など詐欺師として様々な変装をする彼女の七変化に注目です。また、ストーリーは過去の回想と現代を行ったり来たりするのでやや難解ですが、徐々に明かされる登場人物の足取りや目的、裏切りに次第に誰も信用できなくなってくるスリルが味わえます。

キャスト

チャ・ジュウン
詐欺師の夫婦の間に生まれた詐欺師歴29年。自称生活型詐欺師と言い、詐欺行為ではなくドキュメントと呼ぶ。1年半服役の前科を持つ。
ソヒョン(少女時代)
「ジンクスの恋人」「恋する泥棒〜あなたのハート、盗みます」など
イ・ジョンファン
35歳。GKテクノロジー開発2チーム所属だが、秘密を抱えている。
コ・ギョンピョ
「シカゴ・タイプライター〜時を越えてきみを想う〜」「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」など
チョン・ユンギョン / チョン・ボッキ / ソフィア・チョン
元アナウンサーで現在は詐欺専門家。
キム・ヒョジン
「メリは外泊中」「人間失格」など
キム・ジェウク
GKテクノロジー出身の詐欺師。
キム・ヨンミン
愛の不時着」「夫婦の世界」など
チャ・ヒョンテ
ジュウンの父で田舎から出て来たナイトクラブのウェイター出身の詐欺師。ボッキに騙されて服役する。
パク・ソングン
「SWEET HOMEー俺と世界の絶望ー」「秘密の森〜深い闇の向こうに〜」シリーズなど
キム・ミスク
ジュウンの母でナイトクラブ通いだった詐欺師。
ソン・ソンミ
「スタートアップ:夢の扉」「Mine」など
ハンソン
本名ウォンビン。ジュウンの詐欺の師匠で道場を持っている。暴力団や詐欺師など様々な顔を持つ。
テ・ウォンソク
「シーシュポス:The Myth」「誰も知らない」など
パク・テジュ
借金取りだがジョンファンの保育園の同期。
ユ・ヒジェ
「今週妻が浮気します」「ザ・プロファイラー〜見た通りに話せ〜」など
チャン・ミンジョン
ジュウンの服役時代の牢屋仲間で親友。かつて訃報賭博場を経営していた。
チャン・ジニ
「番外捜査」「ラッキー・モンスター(映画)」など
ヤン・インスク
元刑事課の班長。現在は焼肉屋のオーナー。
ユン・サボン
「アスダル年代記」「ハイバイ、ママ!」など
ナム社長
インスクの夫。頼りない。
キム・ソウォン
「浪漫ドクターキム・サブ2」など
キム・サンミン
GKテクノロジー 戦略企画2室の室長。
キム・ミンサン
「ストーブリーグ」「推理の女王2〜恋の捜査線に進展アリ?!〜」など
ウ・ソッコ
GKテクノロジー 戦略企画2室のチーム長。
キム・バダ
「ザ・プロファイラー〜見た通りに話せ〜」など
チェ・ユンソク
天才ハッカー。コンピューター修理店を運営。

チェ・ミンソク
ユンソクの双子の弟。
チャン・ウォニョク
悪霊狩猟団:カウンターズ」「一度行ってきました」など
コ・ヘウォン
ジョンファンのスパイ興信所の経理。
ソン・サンウン
「まぶしくてー私達の輝く時間ー」「ザ・キング:永遠の君主」など
オ・ヒョンギョン
ソッコの妻で弁護士。GK系列会社の副社長の娘。
チャ・スヨン
「グッド・キャスティング〜彼女はエリートスパイ〜」「ライアーゲーム」など
ユ・ビョンジュン
改革保守党所属の元検事。有力な次期大統領候補。
ミン・ジオ
「太王四神記」「千秋太后」など
キム・ミョンヒョン
強力3チームの刑事。
イ・ハクジュ
「アルハンブラ宮殿の思い出」「ああ、私の幽霊さま」など
チョン・デサン
強力3チームの捜査課長。手柄に貪欲である。
パク・ソンフン
「恋愛体質〜30歳になれば大丈夫」「ボイス2〜112の奇跡〜」など
カン・スジン
強力3チーム刑事。デサンの直属の手下。
イ・ユンソル(イ・ジュヨン)
「SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜」「チョコレート:忘れかけてた幸せの味」など
イ・ミンギュ
強力3チームのチーム長。インスクの刑事時代の後輩。
クァク・ミノ
「華政[ファジョン]」「オクニョ 運命の女(ひと))」など
パク・ギョンソプ
強力3チームの年少刑事。
ユン・ジョンフン
「18アゲイン」「ダークホール」など
パク・ジヌ
総務。
ハン・ギュウォン
クォン・ヒョクチャン
保守政党の大統領候補。
チャン・ウィドン
恋慕」「智異山」など
パク・チュンソプ
ワンライン社長。ヒョクチャンの後援会長。
イ・ジヒョク
「メモリスト」「オクニョ 運命の女(ひと)」など
ユ・ミヨン
ヒョクチャンの不倫相手。
ハヨン
「マウス」「今、別れの途中です」など
チェ・ギョンファン
UI会長。
ソク・ユノ
「悪魔判事」「マネーゲーム」など
チョン・ヒョンチョル
元UI会長の運転手。現在は教会の理事。
シン・ドンニョク
「チョコレート:忘れかけてた幸せの味」「悪霊狩猟団:カウンターズ」など
アン・セジン
ジュウンの担当刑事。
イ・サンボ
「RUGAL / ルーガル」「オー・マイ・ゴッド〜私が突然ご令嬢!?〜」など
チ・ミニ
ジェントルマン・クラブのマネージャー室長。
ソヨン
「浪漫ドクターキム・サブ」シリーズ、「夜叉」など
ジェントルマン・クラブ警備員キム・ミンソン
「ザ・キング:永遠の君主」など
ユ・ミンソ
ビョンジュンの娘。
イェリャン
社会部記者ぺ・ユリ
「昼と夜」「産後ケアセンター」など
パク・ドンウン
GKテクノロジーの用心棒。
ハン・ジョンホ
テジュの手下ファン・デギ
「ハイエナー弁護士たちの生存ゲームー」「18アゲイン」など
テジュの手下クァク・ギフン
「梨泰院クラス」「ハイエナー弁護士たちの生存ゲームー」など
オ・ヨンジュチャン・ヨンボク
ダークホール」「哲仁王后」など
GK会長ハン・テイル
「インターンは元上司!?」「私がいちばん綺麗だった時」など
刑事シン・ウォノ
ナム・ヒョンジョン
選挙候補。
ハミン
「ラケット少年団」「ペントハウス」シリーズなど
党のスポークスマンチェ・ナムク
「今、別れの途中です」「L.U.C.A.: The Beginning(原題)」など
モ・ギョンイルソン・スンチャン
「テバク不動産」「ペントハウス」など
ジェウクの父キム・ジング
「メランコリア」「その年、私たちは」など
プンヨンコン・ユソク
「番外捜査」など
イム・ジョンウォンチャ・ドゥリ
「深夜食堂 from ソウル」など
警備員キム・ボンス
地獄が呼んでいる」「調査官ク・ギョンイ」など
食堂の従業員イ・ジェウン
調査官ク・ギョンイ」「キマイラ」など
チンピラパク・ノギョン
ある日〜真実のベール」「このエリアのクレイジーX
取引をする犯罪者キム・ガンイル
「ミスター・サンシャイン」「エデンの東」など
サウナの男パク・ナジン
「コーヒーいかがですか?(原題)」「Mine」など
パク・ジヌハン・ギュウォン
「L.U.C.A.: The Beginning(原題)」「客-ザ・ゲスト」など
判事ソン・チャノ
「Mine」「ポッサム」など
食堂従業員オク・ジュリ
「袖先赤いクットン」「キマイラ」など
ミス唐辛子チェ・ガイン
「ドドソソララソ」「チョコレート:忘れかけてた幸せの味」など
焼肉屋の客イム・ヨンスン
「アンダーカバー」「マウス」など
ジョンファンの父親ユ・ヨンボク
「ヴィンチェンツォ」「こんにちは?私だよ!」など
ジョンファンの母親キム・ジュア
「君は私の春」「Mine」など
ユ氏イム・ヨンドク
椿の花咲く頃」など
婚約者男カン・グハ
「昼と夜」「カイロス〜運命を変える1分〜」など
婚約者女ホン・イェジ
「ラケット少年団」「アンダーカバー」など
不動産屋チャン・スンミ
ダークホール」「ポッサム」など
市役所職員チン・シウォン
「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」「アンダーカバー」など
ジェウクのボディガードチェ・ヨンウ
「暗行御史:朝鮮秘密捜査団」など
家具回収業者オ・ギュテク
「わかっていても」「ラケット少年団」など
鍵屋チェ・ファヨン
ダークホール」「先輩、その口紅ぬらないで」など
UI職員イ・ボムチャン
「昼と夜」「私がいちばん綺麗だった時」など
レストランスタッフキム・ミジ
「ビッグイシュー〜正義か悪か〜」など
携帯電話を貸してくれた少年チョン・サンヒョン
「ママが浮気した」「愛の不時着」など
ナム・ウク弁護士キム・ドヒョン
「キマイラ」「女王の教室」など
チン・グナムキム・ドゥボン
「アルゴン」「客-ザ・ゲスト」など
ぺ・ジョンホンコ・ハンミン
御史とジョイ」「ヴィンチェンツォ」など
タクシー運転手オム・テオク
「ラケット少年団」「恋慕」など
男性秘書ハ・ヨンジン
「ヴィンチェンツォ」「夕食、一緒に食べませんか?」など
医師イム・ジェグン
「テバク不動産」「月刊家」など
レポーターパク・ジホ
「昼と夜」「カイロス〜運命を変える1分〜」など
キム・ギチョル
レポーター。
イ・ドンギュ
智異山」「ハピネス」など
ミンジョンチョン・セロム
「女神降臨」「18アゲイン」など
NSOチーフパク・ヨン
悪霊狩猟団:カウンターズ」「梨泰院クラス」など
囚人イ・ギュソプ
「ヴィンチェンツォ」「カイロス〜運命を変える1分〜」など
インベスターク・ユネ
ダークホール」「ビッグイシュー〜正義か悪か〜」など
キム・ヒョンチャン
「暗行御史:朝鮮秘密捜査団」「コンビニのセッピョル」など

こんな人も特別出演

チェ・ヨンジン
UI通信の会長でギョンファンの次男。
イ・ボムス
「オンエアー」「IRIS2-アイリス2-:ラスト・ジェネレーション」など

各話エピソード

1話

詐欺師の両親のもとで自身も詐欺師として育ったジュウン(ソヒョン)職業や身分を偽って暮らしていたが両親のようには生きたくないとも感じていた。そんなある日父親が事件に巻き込まれ逮捕されてしまう。復讐を誓ったジュウンは詐欺師として必要な演技を学び、ある日宿敵チョン・ボッキ(キム・ヒョジン)の隠している裏金を盗む計画を実行する。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●父親は詐欺にかかって慈悲深い牧師になるがボッキとジェウクの策略で教会にお金を集めるための操り人形となってしまい、家のお金まで手を付け、警察に逮捕されます。ボッキとジェウクは大金を持って国外逃亡。ボッキへの復讐を誓ったジュウンは母の仕事仲間のハンソンに詐欺に必要な演技を教わりキャビン・アテンダントや追っかけなどありとあらゆる経験を積んでいきます。

●ボッキが代表を務めるマルチ商法の企業に潜入したジュウンはハニートラップを駆使して裏金を手に入れたが母ミスクが欲を出した為に計画が失敗

2話

作戦が失敗に終わり、想像より遥かに手強いチョン・ボッキに警察に捕まり刑務所に入るジュウン。取り調べに来た刑事インスクと出会うが、インスクもまたジュウンの父の教会に投資した被害者の一人で黒幕のボッキを追っていた。1年半の刑期を終えて出所したジュウンに近づくハンソンに「もう詐欺はしない」と宣言するジュウンだったが一度だけ引き受けた仕事で出会ったイ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)と運命的な出会いを果たす。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●取引をしたジョンファンが目の前に再び姿を現し訝しむジュウンですが、ディナーに誘われ徐々に恋に落ちて1ヵ月だけと言っていた任務を1年に伸ばすようにハンソンに頼み込みます。

●順調にデートを重ね幸せそうなジュウンとジョンファン。ある日デートするとジョンファンの両親が現れ、自身は孤児だと偽っていた為、バツが悪い住んですが、その後、ジョンファンはジュウンにプロポーズをします。しかし、結婚式当日になってもジョンファンは現れず、ジュウンの友人ミンジョンは新郎側のゲストは全員ニセモノで結婚詐欺だったと告ます。

●ソヒョンのウェディングドレス姿にも注目です◎

3話

ジョンファンは結婚式当日、男たちに追われていた。一方、ジョンファンの失踪に失意に暮れるジュウンはハンソンから過去のUI通信でのミッションの依頼人がイ・ジョンファンだったと知りGKテクノロジーを訪れるが、イ・ジョンファンは偽名で、全く別のイ・ジョンファンが現れる。1年前、スパイ興信所を運営していたジョンファンのもとにボッキがやって来た。GKテクノロジーの職員だったジェウクを探していると知ったジョンファンは2007年の任務でジェウクと交わした会話を思い出す。ボッキを調べているうちにボッキの指紋が2007年に死んだチョン・ユンギョンのものと一致する事が分かり、ジェウクが住んでいた別荘に向かうジョンファン。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●結婚詐欺だと疑われたジョンファンですが、実は結婚式に向かっていました。男に追われる描写があり、更に3話の最後にはジュウン死亡事故があり、被害者がジョンファンだという連絡が入ります。

●怒涛の展開すぎて乗り遅れ注意ですが、2007年にジョンファンとジェウクは知り合っていて、2007年に死亡と処理されたユンギョンはその後、ボッキという名前でジェウクと詐欺を働き海外に高飛びするも、2019年にジェウクを探しにジョンファンを訪れます。そして2020年にジョンファンの事件が発生。謎すぎる!

4話

ジョンファンの死が受け入れられないジュウンだがDNA検査の結果もジョンファンと一致したという。ある日警察に呼び出されたジュウンはジョンファンが孤児だった事を知る。家で怪しい男たちに捕まった住んだが男はジョンファンの友人で、ジョンファンに金を貸して保険金を掛けていたが、保険金受取人がジュウンになっていたのでやって来たと言う。翌日、ジョンファンの死亡届を出し、ジョンファンが事業者登録している事実を知ったジュウンはジョンファンが経営していた興信所を訪れるがそこにはボッキの姿が。そしてジョンファンがジェウクを追っていた事を突き止める。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●警察とも繋がっていたボッキですが、ジョンファンが死んだ事を知らされて、ジェウクが殺したのではと疑います。

●ジョンファンのパソコンのパスワードがTWICEのツウィの誕生日で呆れるジュウン。コミカルなシーンですね(笑)

●ジョンファンのハードディスクからジェウクの存在を知ったジュウンはジェウクの別荘を調べますがピンチに陥ります。それを助けたのはジョンファン!生きてた!しかしジュウンは正体を知る事ができません。今後の展開が気になります!

5話

謎の男のおかげでピンチを免れたジュウンの前に再び現れたボッキ。彼女は2007年のUI会長殺人事件を目撃し、殺されそうになったところをジェウクに助けられた事や、ジェウクに騙されて金を持ち逃げされた事実を打ち明ける。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●ジョンファンとジュウンの出会いはジェウクを追っていたジョンファンの演技だった事や、取引されたUSBにはボッキがジェウクを探しているという内容が収められていた事など、二人の出会いの真相が語られました。

●ボッキがユンギョンであるという情報がUIに渡って命を狙われたボッキを助けたジョンファンはミッション終了後もジェウクの調査を進めているうちにジュウンと再会して恋に落ちたのですが、ジェウクの隠し持っている帳簿を撮影した事から命を狙われるようになったのでした。

●結婚式当日、後輩のユンソクにUSBを託したジョンファンですが怪しい男に追いかけられユンソクを尋ねるとユンソクは首を吊って死んでいてUSBも持ち出されていました。ジョンファンは悲しみに暮れながらもユンソクの遺体にガソリンを撒き、山中で自分が死んだように偽装します。

●DNAまで偽装しようとユンソクの髪の毛を自分のシーツに撒くのはちょっと非現実的ではありますが…。

●ジェウクに捨てられたボッキと、ジョンファンの事件の真相を追うジュウン。敵同士ですが手を結びそうで面白くなってきました。

6話

ジョンファンとの新居の家具をミンジョンに売られ、家を出る事になったジュウンはもともと住んでいた屋根部屋に戻ってくるが、そこには売られたはずの家具が並んでいた。ハンソンが買い戻していたのだ。ボッキに関する情報はUIに渡る前にGKに回収されていたと明かすハンソンはジュウンに事件から手を引くように警告する。一方、警察の追跡を免れたジョンファンの前には死んだはずのユンソクが現れる。警察でもジョンファンの事件捜査が打ち切りになると聞いてミョンフン(イ・ハクジュ)は疑問を覚える。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●ジョンファンの代わりに死んだと思われていたユンソクですが、死んだのは双子の弟ミンソクでした。そんな展開あり!?ユンソクも結局は弟の死の真相を突き止める為にジョンファンに協力する事になります。

●死んだと思っていたジョンファンが現れても動じないキム室長。ジョンファンは自分の命を狙ったのはUIの人間だろうと言いながらもキム室長も疑っているようです。ジョンファンが追跡した先でキム室長が会っていたのはジェウクでした!人間関係絡みすぎて頭痛い!

7話

キム室長とジェウクの密会を突き止めたジョンファンは自分が狙われる原因がそこにあると確信する。ジョンファンの仕事を引き継ぐ事にしたジュウンはボッキを連れてジェウクの別荘に潜入するがそこで爆発に巻き込まれてしまい病院に運ばれる。ジェウクの魔の手がジュウンとボッキに迫るがそこにヘルメット男が現れる。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●2019年にボッキを狙ったのはキム室長の手下でした。

●ジェウクもまたジョンファンを警戒して、ジョンファンの死の連絡を受けた後も事故現場の状況からジョンファンの生存を確信していました。

●ジェウクはキム室長にUIの裏帳簿のコピーを渡していますが、これは手を組んで裏で大きな影響力を持つキングメーカーになろうとしての事でした。

●ジェウクの両親が20年前に有名政治家の裏取引を目撃して殺された事が明かされました。自身の親の仇を大統領に仕立て上げようとする魂胆は何なのでしょうか!?

●別荘に潜入して爆発に巻き込まれてしまうジュウンですが、ボッキとのやり取りや、ボッキがジュウンを救うシーンは見ていてほっこりしました。

8話

ジュウンは自分を救ったヘルメット男の正体に迫るがあと一歩のところで逃してしまうが、鏡に書かれた警告を見てジョンファンが生きているのではないかと感じる。一方、ジョンファンは自分を襲った人物の正体を暴くためにUI本社に潜入し、ジュウンがUIを退社していない事を知る。そしてUIに渡したはずの情報がどこにも見つからない事に疑念を覚える。一方、GK社員について調査していたジュウンはウ・ソクホに接近し、ジョンファンの事件について記されたメモを発見するが異変を察知したGKの警備チームが入ってくる。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●複雜過ぎて頭痛いですが、ジョンファンはUIに潜入して、自分が渡した情報が見つからない事からGKへの疑惑を膨らませます。

●母ミスクのセリフからハンソンもまたジュウンに心を寄せている事が分かりました。

●ジョンファンはGKテクノロジーの革新ビジョン室という、過去に個人情報の不正取得が問題になり解散した部署で活動していたシャドウ(裏社員)だったという事が明かされました。

●ジュウンとソクホのやり取りがコミカルに描かれますが、GKの異変察知システムも非現実的。

●刑務所に服役する父に面会したジュウンは結婚生活について嘘をつくも見破られて「パパの前では泣いていいんだ」と言われて涙を流します。

●ユンソクの調査でジュウンが孤児で無い事や前科がありながら大企業に勤めている事が分かり、ジュウンの嘘に動揺したジョンファンは直接聞きに行くと言って事務所を出ていきます。待ちに待った再会なるのでしょうか!?

9話

ボッキはある物を取りに自分の納骨堂へと向かう。一方、ソクホはキム室長から大目玉を喰らい、次長としてGKに復帰したジェウクが目の前に現れる。単独捜査が明るみに出たミョンヒョンもジェウクやGKと繋がっている捜査課長に呼び出され、治安センターに左遷されてしまう。ジョンファンとジュウンを一気に始末しようとするジェウクの策略で逮捕されそうになるジュウンを助けるハンソンとジョンファン。束の間の再会を果たすもジェウクとGKの魔の手はジュウンの家族にまで迫っていた。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●遂に再会を果たしたジョンファンとジュウン!お互い嘘をついていた事ですれ違いますが、結局は口づけを交わします。

●父親が出所しますが、誰も迎えにこず…その頃、ジュウンはもちろん、母ミスクのもとにも危険が迫ります。母は無事に助かるのでしょうか!?

10話

母ミスクの合図で逃げ出すも絶体絶命になったジュウンをハンソンが救う。自分がジョンファンをおびき寄せるエサだったと知り、事務所に急ぐ。同じく事務所に向かったジョンファンはジェウクの一味に囲まれるがハンソンの加勢で何とか逃げ出し、ジュウンの手当を受ける。一方GKではジュウンを中国の二重スパイとして摘発する計画を実行する。一連の捜査に疑問を抱くミョンヒョンは裏に捜査課長の指示があった事を知る。そして、ボッキは遂にジェウクの居場所を突き止める。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●前回はすれ違っていたジョンファンとジュウンの心ですが、今回の手当てのシーンではお互いに歩み寄り始めます。

●ミョンヒョンが捜査に疑問を感じ、担当刑事に盗聴器を仕掛け、ジュウン側に加わります。

●ジェウクの両親がクッパプ店を営んでいたと言う会話を思い出したボッキは遂にジェウクの実家のクッパプ店に向かいます。

11話

ジェウクのもとを尋ねたボッキは顔を見せる事なく、外壁にメッセージを書いて去って行った。GKではユン・ビョンジョン議員のライバルであるクォン議員の支持率が向上し作戦の実行を支持する。いつまでも日の目を浴びられない生活に疑問を抱くジュウン。ある日、事務所に刑事が現れ、署にもジェウクが送り込んだ中国スパイの男が。ジュウンをハメようとするジェウクだったがジュウンは巧みに警察署に侵入し、男を奪還し黒幕がジェウクだという事実を掴み、ジョンファンとともにクォン議員に接近する。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●だんだんと話の舞台が個人→企業→政界とスケールアップしてきました。

●ミョンヒョンやスジン、ミンギュとのコンビを組んで協力する姿も見ていて痛快でした。

12話

キム室長を訪ねて、自分を狙ったのが孤児だった頃から親代わりだったキム室長と分かり、涙を流すジョンファン。一緒に孤児院を訪れたジュウンは事の発端となった裏帳簿を見せて欲しいと頼む。クォン議員の助力で無罪が立証されたジュウン。ジョンファンもまたクォン議員から借りの身分証を受け取り、大統領選挙に勝利したら身分を復活させてくれるという約束を取り付けた。その頃、キム室長はオ弁護士と会っていた。一方、ミョンヒョンは初めて死んだ事になっているジョンファンと対面し、ある事件の調査を頼まれる。ミンギュを通じてジェウクの過去を調べたボッキのもとにジェウクがやってくる。クォン議員側についたジュウン達とは反対にユ議員側についたボッキはジェウクとの再会を果たす。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●今回遂にミョンヒョンとジョンファンが顔を合わせます。死を疑っていたミョンヒョンでしたが、生きているという事実を知りながらそれを隠して調査に協力する事に。

●ボッキが勝手な単独行動で再びジュウン達を裏切りますが、真意は一体!?ジェウクに会う為ただそれだけ!?

13話

ボッキの裏切りを知ってホテルに駆けつけたジュウンとジョンファン。高級ゴルフクラブの会員に変装して潜入したジュウンはボッキとジェウクを目撃する。一方、それぞれの目的の為にユ議員に接近したボッキとジェウクは帳簿に関する情報をエサにそれぞれの戦略をぶつけ合う。変装がバレて捕まったジュウンとジョンファンだったが二人の前にオ弁護士が現れて協力を持ちかける。一方、ジョンファンから頼まれてチェ会長の運転手だったチョン・ヒョンチョルの調査をしたミョンヒョンはある疑問を抱く。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●ジュウンの父親の弁護も担当していたオ弁護士。実はジョンファンとも仕事仲間だったという真実により関係が複雜になってきました。

●最後にジュウンを襲ったのはミョンヒョンに想いを寄せる後輩刑事スジンでした。彼女はキム室長と直接繋がっていました。衝撃の展開過ぎる。

●かつてユ議員とチェ会長の裏取引を目撃したジェウクの父親が警察に通報するも警察官は全て職を失い、嘘つき呼ばわりされたジェウクの両親はこの世を去ってしまいます。

●事件の鍵を握るヒョンチョルという人物。ミョンヒョンは生きているのではと疑い、ジュウンはジョンファンが殺したのではと疑い、疑惑が錯綜します。

14話

何者かに襲われたジュウンを見つけたジョンファンは病院で初めてジュウンの両親と対面する。一方、ジュウンの事務所から盗んだハードディスクをキム室長に渡したスジンもヒョンチョルの死に疑問を抱く。ミョンヒョンもまた事件を聞きつけ、捜査する過程でスジンの不審な行動に気づく。ユ議員の支持率を向上させる為にそれぞれの戦略を遂行するジェウクとボッキ。ボッキはジュウンに事件の背景にオ弁護士の父親でGK建設会長のオ・ヨンジュが関係していると告げる。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●帳簿がいよいよ明るみになり、ニセモノのヒョンチョルがいる事が明かされますが、実は本物のヒョンチョルもジョンファンによって命を救われていました。ジュウンはジョンファンがヒョンチョルを殺したと疑っていたのでこれで誤解は解消されました。

●ミョンファンはスジンをジョンファンに会わせますが、スジンの不審な行動にも気付いているので何か計画があるのかも知れません。

15話

ヒョンチョルの生存を知ったキム室長はジェウクを使ってジュウン、ジョンファン、ヒョンチョルが対面している場所を襲い、ジュウンを逃したジョンファンが立ち向かい、ヒョンチョルはその場で投身自殺を図る。ヒョンチョルが撮影した政界の賄賂の受け渡し現場を捉えた携帯電話を狙っていたジェウクだが、既にジュウンの手に渡っていた。携帯電話を確認し、ハンソンと合流したジュウンはジョンファンの救出の為に警察を利用する。一方、ユ議員に自らの正体を明かしたボッキは帳簿をエサに手を組む事を提案する。GKとの攻防のさなか、ユ議員の不正行為を公表したジョンファンだがクォン議員は何者かに殺害されてしまう。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●ジョンファン救出の為にジュウンはスジンに証拠の携帯電話を渡し、その情報を得たキム室長によってジェウクは撤収しジョンファン救出に成功します。しかし、後日スジンがキム室長に渡した携帯電話には別の写真が入っていました。見事GKを出し抜いたスッキリなシーンです。

●スジンは「交通事故で死にたくなければ警察を辞めろ」と脅され、ミョンヒョンに涙ながらに謝って姿を消しますが、GKの根回しが恐ろしい事を表現しているシーンですね。

●ジョンファンが社会的に復活する為のカギだったクォン議員が毒殺されてしまい、今後の展開が一気にわからなくなりました。地下駐車場ではジュウンが襲われるし、クォン議員の殺人容疑に仕立て上げあられたのはジョンファンとジェウク!ユ議員とGKの癒着や、簡単に切り捨てられてしまう職員。読めない!

16話

何者かに襲われたジュウンと、警察に追われ逃走したジョンファン。二人は何とか合流する。その頃、ボッキは急落したユ議員の支持率を上げる為に、殺された悲劇の婚約者にされかけるがそこにジェウクが駆けつける。ジェウクもまた自分がキム室長に裏切られて殺人の容疑者となっている事に怒って行動を起こしたのだった。ジュウン、ジョンファン、ボッキ、そしてジェウク、力を合わせることになった4人。クォン議員殺害の黒幕を暴く証言を手に入れたジェウクだが何者かに撃たれて驚くボッキは証言が入ったレコーダーを奪われてしまう。ミョンヒョンもまた議員の補佐官の行方を追っていたが何者かに刺されてしまう。代わりに行方を追ったジョンファンもまた行方をくらましてしまう。

ここが見どころ!(ネタバレあり)

●刺されたミョンヒョンを助けたのはミョンヒョンを陰で見守っていたスジンでした。裏切り者として去っていったスジンの印象が一気に上がるシーンでした。

結末

▼ネタバレ注意!!

怪我を負い、入院していたジョンファンを訪れたUIのチェ会長の次男。GKの革新ビジョン室の解体を求める会長はジョンファンに交渉を持ちかけ、ジョンファンは変装してジュウンのもとへ。

ジュウンはキム室長を呼び出してヒョンチョルの携帯電話を使ってキム室長を煽る。策に乗って失言を連発するキム室長だが、会話内容はチェ会長とGKの会長が聞いていた。キム室長の本心を知った会長は革新ビジョン室の解体を宣言し、キム室長も後ろ盾を失って懲役10年の実刑。ジョンファンも作戦に加担したとして5年の懲役になるが3年で仮釈。

仮釈放されたジョンファンにやりたい事があると言って結婚式を挙げる事になったが当日、ジュウンの前にミンジョンが現れて…(その先は描かれず)。

ボッキは詐欺師として活躍。ジェウクは車椅子姿でボッキと一緒にいてよきパートナーとなっている様子。

キム室長は刑務所で他の受刑者(誰かの回し者?)に刺されて死亡。

次期大統領になったのは以前ジェウクらと革新ビジョン室の会議に参加した男だったのでGKの権力は終わっていない様子。

OST

Part.1

푸른 안개(The Blue Mist) / 육중완밴드(6band)

Part.2

보통의 꿈(The Most Ordinary Day) / 양파(ヤンパ)

Part.3

사생활(Private Lives) / 민주(ミンジュ)

Part.4

Beautiful Dream / 미유(Mew)

Part.5

우리가 사랑해야 하는 것들 (Things to Love)/ 김재중(キム・ジェジュン)

フルOST

作品にまつわるエピソード

●複雜難解なストーリーの為、視聴率は伸び悩んだが、TWICEモモ、THE BOYZニュー、ITZYリアなど有名人からはV liveで話題に上がり好評を得ていた。

関連動画リンク

製作発表やポスター撮影・インタビューなどのリンクを貼っていきます。

●製作発表

●セルフインタビュー

●キム・ヨンミン メッセージ

●キム・ヒョジン メッセージ

●コ・ギョンピョ メッセージ

●ソヒョン メッセージ

●メイキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

植竹 智裕

元・世界新聞ライター。旅人(訪問国はアジアを中心に現在31カ国) 韓国歴は2005年の初海外旅行からスタートし、2012年には釜山からソウルまでママチャリで縦断。 オーストラリアでのワーキングホリデー中、田舎町で日本人ただひとり、韓国人に囲まれて生活したおかげあって2019年に韓国語能力検定5級取得。

-ドラマ, ドラマ名鑑
-, ,